西村京太郎が亡くなった理由

91歳作家「十津川警部」 柏崎ファンクラブ名誉会員も トラベルミステリーの第一人者で「十津川警部」シリーズで知られる作家の西村京太郎(にしむら・きょうたろう、本名矢島喜八郎=やじま・きはちろう)さんが3日午後5時5分、肝臓がんのため神奈川県湯河原町の病院で死去した。91歳。東京都出身。葬儀は近親者で行った。後日、お別れの会を開く。喪主は妻瑞枝(みずえ)さん。 作家を志して人事院を退職し、1963年「歪(ゆが)んだ朝」でオール読物推理小説新人賞、65年には「天使の傷痕」で江戸川乱歩賞を受賞。78年「寝台特急(ブルートレイン)殺人事件」がベストセラーとなり、列車や旅を題材にしたヒット作を量産した。 警視庁の十津川警部が活躍する長寿シリーズは、映像化された作品も多い。著作は600冊以上で、高額納税者の作家部門で常連だった。81年に「終着駅(ターミナル)殺人事件」で日本推理作家協会賞。2004年に日本ミステリー文学大賞に選ばれ、19年には「十津川警部」シリーズで吉川英治文庫賞。 生徒として終戦を迎えた陸軍幼年学校での体験に触れた自伝「十五歳の戦争」(17年)も話題に。他の作品に「四つの終止符」「殺人者はオーロラを見た」など。 1996年に死去した作家山村美紗さんとは長く親交があり、未完の山村作品を書き継いで完成させた。神奈川県湯河原町に西村京太郎記念館があるが、新型コロナウイルス禍の影響で休館している。  西村さんは2013年に新潟県柏崎市で開かれた北陸新幹線開業に関するリレーフォーラムに出席し、同市の魅力をPRする「柏崎ファンクラブ名誉会員」を務めていた。 関係者によると、昨年末から体調を崩して入院していた。

西村京太郎が亡くなった理由 Read More